プロフィール

先生紹介

ォーラム21少年少女合唱団を育ててくださり、共演していただいている先生方を紹介します。(イラストは卒団生の成瀬さん作)


合唱団代表


宇野桂司(うの けいじ)代表

フォーラム21の代表者であり、音楽界に多くの人脈を持っておられます。また、音楽以外の様々な分野にも造詣が深く、声明を合唱曲にした『春光悔過』、落語と合唱のコラボ曲『叩き蟹』を企画されるなど、ユニークな音楽活動を展開されています。



定期的に指導・共演していただいている先生方


新実徳英(にいみ とくひで)先生作曲・指揮

1947年名古屋生まれ。東京大学工学部卒業後音楽の道を目指され、東京藝術大学作曲科卒業、同大学院修了。フォーラム21の定番曲でもある『白いうた 青いうた』『聞こえる』『卒業』等、数多くの合唱曲の作曲者であり、フォーラム21を定期的に指導・指揮をしていただいています。その他にもフォーラム21が歌った作曲作品として、一宮市シンボルソング『人・街・未来へ』、2011年福島の震災後、詩人・和合亮一さんの「詩の礫(つぶて)」を基に作曲された『つぶてソング』(全12曲)があります。また、NHK全国合唱コンクールの課題曲は計六回手掛けておられ、2013年度高校の部課題曲『ここにいる』女声三部合唱版はフォーラム21が第20回定期演奏会で初演しました。


名田綾子(めいだ あやこ)先生作曲・ピアノ

東京藝術大学音楽学部作曲科を経て同大学院修士課程修了。合唱作品「日本の四季めぐり」「フランス歌めぐり」などの歌めぐりシリーズ、「いのち」「手から、手へ」「聴くと聞こえる -朝の音-」(カワイ出版)、「冬の陽ざしの」「鋏」(教育芸術社)ほか出版多数。第2回東京国際合唱コンクール児童合唱部門の課題曲「朝の山道」を作曲(パナムジカより出版)。指揮者・山田和樹氏の〈アンセム・プロジェクト〉において世界の国歌編曲を務める。作編曲家、ピアニストとしての活動のほか、ヤマハJOCスタッフ・創作講座講師として全国で講座を行う。2017~2018年度、東京藝術大学非常勤講師。『おやつのうた』(カワイ出版)はフォーラム21の委嘱・初演作品です。


大平健介(おおひら けんすけ)先生オルガン・指揮

東京藝術大学及び同大学院卒業。2010年よりDAAD給費留学生として渡独。ヴュルツブルク及びミュンヘン音大にて学んだ。文化庁新進芸術家海外研修員。IONニュルンベルク国際オルガンコンクール優勝(2016年)。以後2020年まで、ドイツ・シュトゥットガルトのシュティフツ教会専属オルガニストとして教会内での多岐に渡る音楽プロジェクトに携わった。ドイツの様々な歴史的楽器でソロ、アンサンブル、通奏低音奏者として多数のCDをリリースしている。ソリストとしてはこれまでに聖母教会 (ドレスデン)、ミュンスター (フライブルク)、マドレーヌ寺院 (パリ) 、聖ポール大聖堂 (ロンドン)等から招待を受けている。2021年日本へ完全帰国し、現在は日本キリスト教団聖ヶ丘教会首席オルガニストを務める。フォーラム21では、教会音楽のオルガン・指揮を担当していただいています。


アレクサンダー・ナジ先生ドイツ語・ラテン語指導

ケルン音楽大学にて教育(声楽)を、ボン大学およびケルン大学では物理学を修める。ボン大学では発生・発音・朗読法も学ぶ。音楽教育への関わりは多岐に渡っており、声楽や指揮の他、特に非西欧言語を母語とする歌い手を対象にリートやアリアの発音指導をされています。フォーラム21ではミサ曲のラテン語、『つぶてソング』ドイツ語訳等の指導をして頂きました。


中川いづみ(なかがわ いづみ)先生作曲

東京藝術大学作曲科卒業。オーケストラのための『プレリュード』他、洋楽器作品のみならず、合唱、邦楽、テレビ・コマーシャル音楽、仏教法要音楽等、多方面で活躍されています。またフルート奏者の夫・中川昌三氏の影響でフルートのための作品は、ソロ作品からオーケストラ作品まで多数。落語と合唱のコラボ曲である『叩き蟹』や、声明を合唱曲にした『春光悔過』はフォーラム21の委嘱作品です。娘の“かりん”さんも、琴の演奏者としてフォーラム21と共演していただきました。



常時指導していただいている先生方


藤原順子(ふじわら じゅんこ)先生声楽

愛知県芸術大学声楽科卒業。フォーラム21少年少女合唱団ヴォイストレーナー。


金森眞由美(かなもり まゆみ)先生ピアノ

国立音楽大学ピアノ科卒業。伴奏者として各方面で活躍されています。


青木美沙季(あおき みさき)先生声楽

愛知県立明和高等学校卒業。京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業後、同大学院修士課程声楽専攻修了。
現在、金城学院グリークラブヴォイストレーナー。


伊藤勝寛(いとう かつひろ)先生ピアノ

愛知県一宮市出身。
東京音楽大学音楽学部ピアノ専攻卒業。同大学大学院修士課程鍵盤楽器研究領域器楽専攻(伴奏)修了。
現在は東海、関東地方を中心にソロ、室内楽、合唱伴奏等の演奏活動をしつつ、編曲活動にも力を入れている。
最近では YouTube 投稿もしている。


田島由加里(たじま ゆかり)先生ピアノ・フォーラム21卒団生

愛知教育大学卒業。2010年から一宮市立富士小学校教師として勤務後、2013年7月より青年海外協力隊・現職小学校教諭としてアフリカ・セネガル共和国で音楽、図工、体育の普及活動、指導をされています。小4~高2までフォーラム21少年少女合唱団の団員として活動し、卒団生として初めて指導者の仲間入りを果たしました。田島さんの取り組みがあとに続く人の励みになるように期待されています。